TOC

■TOCとはTheory Of Constraints(制約理論)の略で、全体最適を実現するために、制約に集中して マネジメントすることで解決策を導く理論体系です。
組織全体の「つながり」と「ばらつき」を考えると、どこかに必ず制約が見つかります。 制約に集中し、解消することが全体最適となります。さらに、集中することで、短期間に結果を出すことができるのです。

■TOC(制約理論)はイスラエルの物理学者、エリヤフ・ゴールドラット博士によって開発されました。 ハードサイエンス(自然科学)において用いられるCause & Effect Logic(因果関係)をつかって、マネジメントの世界に科学的なアプローチを持ち込みました。 1980年代の中ごろ、ビジネス小説として、発表した『ザ・ゴール』は世界中でベストセラーとなり、 一千万人以上の人が読み、現在もベストセラーとして多くの方々に読まれ続けています。

■ TOC適応分野

toc_pic1

■ TOCをより理解していただくために日経ビジネスオンラインに掲載されたゴールドラット・コンサルティングの岸良裕司ディレクターの記事をお薦めしております。 TOCに照してみると、事例として、本当は効率的ではなかった日本のモノ作りの実態を理解していただきながらTOCの手法を系統的に学ぶことができます。

日経ビジネスネスオンラインの連載「ザ・ゴール式で目指す 真のモノ作り再興」